« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 惑星ロボ ダンガードA ロマンアルバム »

2008年1月 2日 (水)

超電磁マシーン ボルテスV ロマンアルバム

こちらへ移動しました。

|

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 惑星ロボ ダンガードA ロマンアルバム »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

これも懐かしいボルテスV!
(本は持っていませんが)
私も近年になってやっと最後まで話を見終わる事が
出来ましたが、結構犠牲者が多いですよね。
5人メンバー中3人が兄弟っていう設定も珍しいですよね。それと実の父と異母兄弟の兄と・・なんとも華麗なる一族って感じでした。
ハイネルもそうでしたが、市川治氏が演じられるキャラは殆どが美形で、人気が高いんですよね。
またあの声質が高貴な役とよく似合うし。
健一役の白石幸長さんの声もぴったりでしたね。

 この本はステレオカセッターシリーズじゃなかったんですね。
ワカメ様の熱いコメントが聞けず、残念(笑)
でも次の本の予告っていうのもなかなかいいですね。

投稿: saki | 2008年1月 4日 (金) 15時07分

saki様
私も早く最後まで見てみたいです(*^_^*)
犠牲者といえば、まず健一達のお母さん、それにめぐみのお父さん(長官)あと、浜口博士もですよね。
3人兄弟っていうのも本当に珍しいと思います。しかも、3人とも全然違うルックスだから番組を見てる人じゃないと兄弟だとわからないですよね(笑)。
特に大次郎の肥満遺伝子は一体どこから?!(本人には内緒ですよ(笑))
市川さん、あの一連のシリーズの美形の敵を担当されてますよね。凛々しい感じがピッタリです。DVDでのインタビューも興味深かったです。
白石さんも、市川さんのインタビューによると当時学生だったそうで、その分健一の声もリアルに聞こえるのかもしれませんね~(^^)

投稿: ワカメ | 2008年1月 4日 (金) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/192251/17556383

この記事へのトラックバック一覧です: 超電磁マシーン ボルテスV ロマンアルバム:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | 惑星ロボ ダンガードA ロマンアルバム »